開設者

管理者・児童発達管理責任者  太田篤志

   作業療法士
   特別支援教育士スーパーバイザー
   元姫路獨協大学・教授
   日本感覚統合学会・理事
   日本スヌーズレン協会・会長
   日本自閉症スペクトラム学会・理事
   日本LD学会・会員
   日本小児精神神経学会・会員
           

学童保育・保育園、重症心身障害児施設での作業療法に従事した後、広島大学医学部・学部内講師、姫路獨協大学医療保健学部・教授などを歴任。感覚統合機能検査(JPAN感覚処理・行為機能検査、JSI-R等)の研究開発に携わるとともに、療育センター、小中学校・特別支援学校などの現場にて感覚統合理論やスヌーズレンの考え方に基づく実践を支援。2012年に姫路獨協大学教授を退任し、客員教授に就任。2014年、(株)アニマシオンを設立。児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援事業所の運営に携わりながら、子どもにとって意味ある作業(活動)を用いた発達支援、オープンゴールの理念を重視したアニマシオン活動の実践、インクルーシブ保育の実現に向けた取り組みを行っている。

 ●太田篤志HP https://atsushi.info/

理念・POLICY

良質な遊び・学習で、”学びの楽しさ”を発見しよう!

私たちは、子どもたちの可能性と明るい未来を信じ、子ども自身のやりたい気持ちを丁寧に受けとめるとともに、最適な専門的支援・指導の提供を通して、子どもたちが自分にとって意味のある課題に主体的に取り組むなかで自己効力感を生み出すことができるように尽力します。


プレイジムには、学ぶことや発達などのキーワードについて以下のように考えています。

“Education is not the learning of facts, but the training of minds to think.” Albert Einstein
 「教育は事実を学ぶことではなく、考える心をトレーニングすることである。」
 一般的に「教育」とは、知識や技術を習得することを考えられていますが、プレイジムでは、そのプロセスの力を育むことを大切にしています。

社訓

・ 特別支援教育・療育の高度な専門家としての誇りと自信をもち、私たちの心と直感を信じ積極的に行動する専門家集団であり続けます。
・ 共感的理解に基づく支援を通して、子どもたちの信頼を得ることができる専門家であるように努めます。
・ 現場実践を重視し、その学びを丁寧に整理するとともに、私たちの指導・支援体系を構築し発信していくための実践研究・手法の開発に努めます。
・ 科学的根拠に裏付けられた専門的な知識と技術の研鑽を惜しまず、学会などで発表された最新の理論・技術を、現場の支援・指導に即時応用することができるよう努めます。
・ 自分の力を存分に発揮し、支援・指導することに喜びを感じることができる環境をスタッフ全員で協力し整えます。
・ お互いに意見をフェアにぶつけ合うことでスタッフの調和を保ちます。
・ 私たちの実践が、日本の特別支援教育・療育技術の向上に貢献することができるよう努めます。